教科・資格検定

気持ちいい「あいさつ」が基本

厚木調理師学校では「元気なあいさつ」を一番大切にしています。調理実習は包丁を握ることから始めますので、どなたでも安心して入学できます。日本・西洋・中国料理を中心に、お菓子・パンまで、総合的にあくまで基本を中心にすすめ、各教科の授業は分かり易く試験でも合格点がとれ、卒業できるよう指導していきます。 昼間部・夜間部共.老若男女すべてのみなさまに調埋のすばらしさをお届けしたい。そんな気持ちの学校です。

さまざまな調理実習

日本料理・西洋料理・中国料理・総合料理・集団給食料理・製パン・製菓など中心に学習します。包丁の扱い、肉、野菜、魚介類など素材の扱い、盛りつけ、マナーまで、社会人として必要な理論・実習を網羅しています。

  • 画像
    日本料理

    柳刃、出刃包丁、菜切り、薄刃など、包丁の扱いもここでしっかりマスターします。素材の善し悪しを見抜く目も、微妙な味加減を見る舌もここで鍛え、おもてなしの心も大切にします。

  • 画像
    西洋料理

    材料から料理をイメージするとき、肉や野菜、魚介類の素材の持つ旨味を、ソースやドレッシングによって際立たせます。

  • 画像
    中国料理

    北京料理をはじめ、上海、南京、四川、広東料理の料理法を学びます。いためる。揚げる。蒸す。煮込む。切る。料理の基本を一から懇切丁寧に教えていきます。

  • 画像
    菓子

    ちょっとした配合の違いや、調理法によって、みちがえるほど違うものができるものです。そこで基礎的なテクニックを正しく身につけておくことが大切です

  • 画像
    パン

    本格的な製パン機械を使い、小麦粉、卵、バター、砂糖などの材料をもとに、ほんの少しのテクニックで、異なった味や姿に変化します。

  • 画像
    集団調理

    おいしい食事であること。栄養的な条件を満たすこと。経済的であること。衛生的で安全なものであること。すべてが大切です。

カリキュラム

学科名 総時間数
食生活と健康 90時間
食品と栄養の特性 150時間
食品の安全と衛生 150時間
調理理論と食文化概論 180時間
調理実習 300時間
総合調理実習 90時間
合計 960時間

調理実習

日本・西洋・中国・パン・菓子

集団調理

・学内給食

総合調理実習

  • ・包丁とぎの練習
  • ・材料の切り方の基礎練習
  • ・世界の料理

授業時間

  昼間部 夜間部
曜日 月〜金 月〜金
時間 9:00~15:40
(週2日16:40まで)
17:30~21:20
休み 土日・祝祭日・夏・冬 土日・祝祭日・夏・冬
  • 画像
    教材

    各教科書・成分表・実習テキスト

  • 画像
    包丁5本セット

    中華包丁は各実習台へ貸します

  • 画像
    白衣(洋・和)2セット

    胸に刺しゅうが入ります

授業時間

  昼間部 夜間部
曜日 月〜金 月〜金
時間 9:00~15:40 (週2日16:40まで) 17:30~21:20
休み 土日・祝祭日・夏・冬 土日・祝祭日・夏・冬
  • 画像
    教材

    各教科書・成分表・実習テキスト

  • 画像
    包丁5本セット

    中華包丁は各実習台へ貸します

  • 画像
    白衣(洋・和)2セット

    胸に刺しゅうが入ります

資格

  • 取得資格

    • ●調理師免許
    • 卒業すれば無試験で取得できます。
      当然、国家試験はありません。
    • ●専門調理師
    • 調理師免許の最高峰の国家資格。
      6年後に実技試験を行います。
      教員免許でもあります。
    • ●食品衛生責任者
    • 調理師免許取得で有資格者です。
      保健所登録することで店舗の食品衛生責任者となります。
    • ●食育インストラクター(希望者)
    • 食の知識や技術を身に付け食育活動に参加、企画できる資格です。
    • ●食品衛生責任者
    • 調理師免許取得で有資格者です。
      保健所登録することで店舗の食品衛生責任者となります。
    • ●食育インストラクター(希望者)
    • 食の知識や技術を身に付け食育活動に参加、企画できる資格です。
  • 厚木中央高等学校同時入学者

    • ●高校卒業資格
      (通信制/普通科)
    • ●パン初級免状
      (厚木調理師学校 / 独自資格)