教科・資格検定

全コース概要

工業技術学科

  • 画像
    電気コース

    電気工事士、電気技術者

  • 画像
    電子情報コース

    SE、プログラマー、通信技術者

  • 画像
    工業進学コース

    さらに専門教育をめざす

  • 特徴
    工業技術学科は、1年次は一般教科、電気・電子基礎や電気基礎実習を学び、2年次から、電気コース、電子情報コース、工業進学コースに分かれます。新しい技術に対応できる基礎技術者を育成することが目的です。現在の電気・電子産業界の技術者ニースに見合った人材を育成するために、基礎から応用に向け判りやすく丁寧な指導を心がけています。3年間にできるだけ多くの資格・検定の取得するために、通常の授業のほか、一月前から放課後補習を行い、難易度の高い資格・検定の取得が可能となり、就職活動の際に有利となっています。また、大学・短大や専門学校への進学もきめ細やかな指導が得られ、自信をもって社会へ巣立てるよう十分な配慮を行っています。
  • 教育方針
    それぞれのコースは、資格・検定に合わせて各教科を編成するとともに講義・実習が効果を発揮する内容になっています。また、キャリア教育に重点をおいた教育を実施し、電気基礎をはじめとして、直流機・交流機のテキストは実社会で通用する技術と技能が学べる好材料として評価を得ています。資格・検定取得には全員が参加し、競い合い助け合いながら全員の合格を目指します。
  • カリキュラム
    「学ぶことは新鮮な驚きから始まる」と言われています。どうしたらあなたが「やる気」を持ち、資格・検定取得に向けて、希望に満ちた学校生活が送れるようになるのか、そうした創意工夫を学習指導の場に持ち込んだのが各コースのカリキュラムです。誰にも判るような授業を心がけ、実習や補習を通じて1人ひとりに技術者として基礎をしっかりと理解してもらいます。先生の熱意を汲み取りながら、興味のある分野で自分の力を伸ばしてください。

工業技術学科の詳細を見る >

生活造形学科

  • 画像
    生活コース

    事務、販売、印刷商業デザイナー

  • 画像
    ファッションコース

    アパレル、ファッション業界

  • 特徴
    生活造形学科には、生活コースとファッションコースがあります。どちらも実践的理論に基づいて基礎から応用まで学べるコースです。生活コースは衣食住・生活産業に関する教養講座のほかにビジネスやコンピュータなど総合的に学びます。ファッションコースは服飾デザインの理論や実技を基礎から応用まで学びます。3年間にできるだけ多くの資格・検定の取得するために、通常の授業のほか、一月前から放課後補習を行い、難易度の高い資格・検定の取得が可能となり、就職活動の際に有利となっています。また、大学・短大や専門学校への進学もきめ細やかな指導が得られ、自信をもって社会へ巣立てるよう十分な配慮を行っています。
  • 教育方針
    生活コースは、製造・流通・オフィス業務・画像加工業務やサービス分野で活躍できる人材を、ファッションコースは、アパレル・ファッション業界で活躍できる人材を育成するカリキュラム編成をしています。それぞれのコースは、自己発見の場であるとともに各自の付加価値を高める教育を実施し、親切丁寧な判りやすい授業を行っています。資格・検定取得には全員が参加し、競い合い助け合いながら全員の合格を目指します。
  • カリキュラム
    自分の判断基準に合えばがぜんハッスルする若者志向を考慮し、新時代感覚に基づく能力適正カリキュラム編成です。授業を通して「自ら成長したいという意欲づけ」に教科担当の先生は夢中です。興味のある分野に一生懸命取組めば必ず道は開けます。

生活造形学科の詳細を見る >

取得可能な資格検定

  • 第二種電気工事士(経済産業省)
  • AI第3種DD第3種工事担任者(1科目免除)(総務大臣)
    上記は技能連携生、または専門学校神奈川総合大学校高等課程専修生が取得可能となり、厚木中央高等学校工業科だけでは取得できません。
  • 日本漢字能力検定((公財)日本漢字能力検定協会)
  • 実用英語技能検定((公財)日本英語検定協会)
  • 秘書検定((公財)実務技能検定協会・文部科学省後援)
  • ビジネス能力検定(B検)ジョブパス((一財)職業教育・キャリア教育財団・文部科学省後援)
  • パソコン利用技術検定(全国工業校長協会)
  • レタリング技能検定((公財)国際文化カレッジ・文部科学省後援)
  • トレース技能検定((一財)中央工学校生涯学習センター・文部科学省後援)
  • 服飾技術検定(日本ファッション教育振興会)
  • ファッションビジネス能力検定(同上)
  • パターンメーキング技術検定(同上)
  • ガス溶接技能講習(厚生労働省)
  • 調理師免許(厚生労働省)
    厚木調理学校に在籍していることが条件となります
  • フォークリフト特別教育(都道府県労働局長登録教習機関・厚生労働省後援)