歯科衛生士とは

画像

歯科衛生士ってどんな職業なんですか。

歯科衛生士は、歯科保健指導、歯科診療補助、歯科予防処置を行うことができる資格を持つ歯の健康指導者です。歯科医院には、歯科医師をはじめ、歯科衛生士、歯科技工士、資格のない歯科助手がいますが、歯科医師の指示のもと、歯や口腔疾患の予防処置や歯科診療補助を行えるのは歯科衛生士だけです。そのために国家試験があり、幅広い知識と技術が高く評価されている職業です。

なぜ、人気が高い職業なんですか。

結婚・出産後の再就職も容易で、実力に応じて活躍の場を広げていけるのが人気の理由です。歯科医院には最低2~3人の歯科衛生士の常駐が理想で、優秀な歯科衛生士は歯科医院はもちろん病院や行政でも活躍の場があります。しかし現状は人手不足のようで、求人倍率も10倍を超えている職種です。

画像

予防処置や歯科診療補助が行えるのは歯科衛生士だけです

  • 歯科予防処置

    歯科衛生士法に定められたもので、歯科医師と歯科衛生士以外の者には許されていない業務です。
    2大疾患である虫歯と歯周疾患の予防を目的としています。口腔機能を保持増進することにより、質の高い豊かな人生を送ることができるよう支援します。

  • 歯科診療の補助

    歯科診療とは歯科医師を中心とするチーム医療であり、歯科医師がスムーズに診療できるよう歯科衛生士は協力し補助を行います。
    また、直接口腔内に触れて歯科診療の補助を行えるのは歯科衛生士だけです。

  • 歯科保健指導

    口腔の健康を維持増進するため一人ひとりにあった専門的な助言や支援を行います。
    また、公衆衛生の分野では保健所、保育園、小学校などで集団指導なども行い、最近では高齢者施設や総合病院などでも活躍の場が広がっています。