教師・先輩

教師からのメッセージ

  • 将来の自分の目標実現に向けて。
    歯科医療に対するニーズも多様化しています。超高齢社会への関心の高まりから本校では1・2年次前期では基礎実習、2年次後期・3年次前期に臨床実習という流れで実践力を修得し、時代に対応できる歯科衛生士育成を目指し教育を行っています。知識・技術の確実な修得は卒業後に生かされるのです。
    歯科予防処置 担当
  • 社会に求められる歯科衛生士に。
    様々な年齢や口腔状態の人に合わせて最適なブラッシング指導や食生活指導を行うためには、非常に多くの知識が必要となります。また近年は、高齢や有病で歯科医院に来院できない方の自宅に伺う、訪問指導の機会も増え、特別な技術も要求されるようになりました。専門的な立場でしっかり学び、将来に役立ててください。
    歯科保健指導 担当
  • 歯科衛生士と歯科助手の違い。
    歯科衛生士は歯科助手と違い、歯科で扱う材料や器具について、取り扱い方や成分、基本性質、受け渡しなど基礎となる部分を学習し、エビデンスに沿った治療や患者さんへの説明ができるようになります。また、上記のことを踏まえた上で患者さんと歯科医師の橋渡し、チーム医療が潤滑にできるようにします。実技に関しては繰り返し練習しコツをつかみましょう。
    歯科診療補助 担当

先輩からのメッセージ

  • 教師

    やりがいのある仕事です。
    歯科衛生士の仕事は、毎日色々な患者さまと接し、様々な発見があるので、とてもやりがいが
    あります。患者さまに喜んでもらえるとこちらも嬉しくて、明日の仕事も頑張れる力になりま
    す。一生続けたい仕事です。
    神奈川県立秦野曽屋高等学校卒業 本校卒業:一條 恵