教師・先輩

教師からのメッセージ

  • 将来の自分の目標実現に向けて。
    歯科医療に対するニーズも多様化しています。超高齢社会への関心の高まりから本校では1・2年次前期では基礎実習、2年次後期・3年次前期に臨床実習という流れで実践力を修得し、時代に対応できる歯科衛生士育成を目指し教育を行っています。知識・技術の確実な修得は卒業後に生かされるのです。
    歯科予防処置 担当
  • 社会に求められる歯科衛生士に。
    様々な年齢や口腔状態の人に合わせて最適なブラッシング指導や食生活指導を行うためには、非常に多くの知識が必要となります。また近年は、高齢や有病で歯科医院に来院できない方の自宅に伺う、訪問指導の機会も増え、特別な技術も要求されるようになりました。専門的な立場でしっかり学び、将来に役立ててください。
    歯科保健指導 担当
  • 歯科衛生士と歯科助手の違い。
    歯科衛生士は歯科助手と違い、歯科で扱う材料や器具について、取り扱い方や成分、基本性質、受け渡しなど基礎となる部分を学習し、エビデンスに沿った治療や患者さんへの説明ができるようになります。また、上記のことを踏まえた上で患者さんと歯科医師の橋渡し、チーム医療が潤滑にできるようにします。実技に関しては繰り返し練習しコツをつかみましょう。
    歯科診療補助 担当

先輩からのメッセージ

  • 在校生

    学校生活
    私は短大を卒業して就職という道もあったのですが、学生時代よりアルバイトをしていた歯科医療に魅力を感じるようになり、進路を決める際に歯科衛生士の専門学校を希望しました。当初は年齢が上の同級生になることに不安も覚えましたが、すぐにみんなが打ち解けてくれ、そんな不安もかき消されました。また同じ目標を持っているということで、先輩方にも相談などがしやすい環境で2年間過ごしてこれました。3年生となる今、全員で国家試験に合格できる様、頑張りたいと思っています。
    氏名:上野 学年:3年生

  • 卒業生1

    日々のスキルアップで患者さんの健康をサポート
    在学中は授業科目も多く実習も大変でしたが、クラスの仲間たちと楽しく過ごせました。国家試験対策も万全で、卒業してみると納得のカリキュラムでした。歯科衛生士となり、毎日の診療の中でも学ぶことが多く、努力次第でスキルアップできることが楽しいです。患者さんの健康をサポートする仕事なので、とてもやりがいがあり、ずっと続けていきたい職業です。
    氏名:坂本 卒業:2020年

  • 卒業生2

    切磋琢磨して成長した3年間
    専門学校では年齢や経歴など、色々な人が同級生にいます。そのため自分の苦手なことは友達に助けてもらって、自分が解ることは教えたり、お互いに切磋琢磨して成長してきました。就職も内定をいただき、今までやってきたこと、また自分を信じて国家試験に向けて頑張ります!就職してからも、専門学校の友達とは情報交換ができてスキルアップにつながれば良いなと思っています。
    氏名:梶原 卒業:2021年